セレナを下取り相場よりも20万円高く売るには?

一時は日本で一番売れたミニバンとなっていた日産のセレナ、そういわれるだけあって街中にも中古車市場にもたくさんのセレナがあふれかえっています。
台数が多いというのは中古車市場にとって価値を下げる原因となりますがいまだ中古車需要が高いため、そういったことには結びついていないようです。
こういった人気の高い車の場合は下取りに出すのは損をすることになります。
それは中古車の人気、いわゆる中古車需要というのが下取り金額にほとんど影響を与えないからです。
その点、買取店の買取金額は中古車需要の良し悪しがダイレクトに反映される性質を持っているのでセレナのような人気の高いモデルはかなり高くなる可能性を持っているのです。
現に実際の買取金額と下取り金額を比べてみれば一目瞭然です。

 

ただ、その金額を更に高くするとか下取り金額より20万円以上も高くするというのであれば、ちょっとした作業が必要になります。
何もしないでざっと洗車したセレナを買取店の査定に出してもそれなりの金額になります、少なくとも下取り金額より高くなるでしょう。
しかしそれ以上の金額を望むのであれば、買取店を選ぶ目というものが必要になります。
買取店というのはこの店舗ごとに欲しいと思う車種やジャンルが違います。

 

店頭の看板に「○○専門店」などと書いてあればその買取店がどの車を欲しがっているかどのメーカーの車を欲しがっているのかはすぐにわかります、しかしそういったいわゆる専門店的な買取店の他にも一般のチェーン展開している大手買取店も実はそういった「欲しい車」「欲しくない車」というものが、フラグとしてあり、そのフラグにばっちりあえば平均よりも高く買い取る、逆にあっていない場合は安く買い取るといった形になります。
要するに高く売れるセレナをより一層高く売るにはこのフラグが経っているかいないかを判断しなければならないということになります。
しかし、店頭やWebサイトなどに明確に描かれていることは稀で、時々「買取優遇車種」などといった形で出るだけです。
それではどうやって下取りよりも20万円以上も高い金額で買い取ってくれる買取店を探したらいいのでしょうか。
それは一括査定サイトが解決してくれます。
買取店が欲しがっている車であれば高く買い取られるわけですから、その買取店の査定額を調べ、それを平均値や他の買取店の査定額と比べて高くなっていれば、その買取店はセレナを欲しがっていることになるというわけです。
一括査定サイトのオンライン査定は厳密な金額ではありませんがその買取店の傾向を知るためには十分なデータになります。

日産セレナの買取相場

新車市場ではトヨタのノア三兄弟が発売されたおかげで少々苦戦しているようですが、中古車市場ではいまだ高い人気を保っています。
そのため買取相場はかなり高く、買取店に出向いて査定を行った時の査定金額に驚く方もいるようです。
しかし、この車は新車市場ではそろそろモデル末期で、次期モデルへの期待が膨らんでいる状態です。
新車販売も少し買い控えが始まっているようでそうなると中古車市場でも需要が落ちることになります。

 

もちろん新型モデルが出てしまうと価値が下がるのは当然ですが、その予兆が始まっているといっていいでしょう。
ただ、今であればなかなかいい金額になることが多く、現行モデルであれば意外な査定金額を目にすることができると思います。

 

相場を見ると先代モデルのC25型で2006年式で2万円から30万円ぐらい、2007年式で8万円から60万円ぐらい、2008年式で30万円から100万円ぐらい、2009年式で60万円から130万円ぐらいと先代モデルとなると買取金額に大きな幅が生まれています。
その点、現行モデルは高値を常に保っているようで、2010年式で90万円から140万円、2011年式で110万円から170万円と好調ですが、S-HYBRIDが搭載されるようになった2012年式からは更に高くなり、130万円から200万円ぐらい、2013年式で170万円から230万円、2014年式では190万円から250万円とかなりの金額となります。
購入する車を間違えた、自動車ローンを支払うのがやっぱり苦しいという方が売却することが多い2015年式では200万円から260万円といった金額になっているようで、損失を抑えることができそうです。
全体的に見るとそれなりの金額になるのは現行モデルで、更によくなるのはS-HYBRIDが搭載された2012年式以降ということになるようです。
どうやらこの車も早く売れば早く売るほど大きな恩恵を受けるようです。

更新履歴